竹雀 超辛口 純米うすにごり生 原酒

 岐阜県池田町にある大塚酒造 株式会社のお酒。創業は明治17年(1884年)で代表銘柄は「竹雀」。

 「超辛口」の「辛口」とは「日本酒度」がプラスになるほど「辛口」とされ、マイナスになるほど「甘口」といわれる。「日本酒度」とは15℃の清酒に日本酒度計を浮かせて測定するもので当分を多く含むほど比重が大きくなり日本酒度計が沈むのでマイナス表記が「甘口」となる。日本酒度が+10を超えると「超辛口」と呼ばれることが多い。

 「純米うすにごり生」とは、原料が米、米麹、水のみで醸造された「純米酒」で米粒や麹などの固形物である「滓」が含まれているために「うすにごり」で火入れを一度も行わない「生酒」のこと。

「原酒」は加水などを行わないお酒。

 原料米である「五百万石」は「菊水」を母に、「新200号」を父として交配された品種で1957年に品種登録された。熊本1号(KA-1)や熊本4号(KA-4)などの変異株も頒布されている。

 「9号酵母」は「香露」を醸す株式会社 熊本県酒造研究所の保存酵母から分離されたことから熊本酵母、香露酵母とも呼ばれる。

 うすにごりということもありクリーミーな口当たりから生酒特有の細かなガス感。日本酒度+13でも仄かに甘味を感じるがキレのある後味。

 原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
 アルコール度数:18度以上19度未満
 精米歩合:60%
 原料米:富山県産五百万石100%
 使用酵母:9号酵母
 日本酒度:+13
 酸度:2.2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。