純米吟醸 冩楽 一回火入

 福島県会津若松市にある宮泉銘醸 株式会社のお酒。昭和30年(1955年)創業の酒蔵で代表銘柄は「会津宮泉」、「冩楽」「玄武」。

 「純米吟醸」とは、原料が米、米麹、水のみで、精米歩合が60%以下、「吟醸造り」によって醸造されたお酒で。

 「吟醸造り」とは国税庁のHPには「吟醸造りとは、吟味して醸造することをいい、伝統的に、よりよく精米した白米を低温でゆっくり発酵させ、かすの割合を高くして、特有な芳香(吟香)を有するように醸造することをいいます。吟醸酒は、吟醸造り専用の優良酵母、原料米の処理、発酵の管理からびん詰・出荷に至るまでの高度に完成された吟醸造り技術の開発普及により商品化が可能となったものです。」とのこと。

 「一回火入」とは「火入れ」を1回行ったということで、0回なら「生酒」、1回なら貯蔵前の火入れだと「生詰酒」か瓶詰後の火入れなら「生貯蔵酒」、2回なら「一般酒」と分類される。「生貯蔵酒」の場合「瓶燗火入」と記載されることが多いので今回は「生詰酒」なのかな?

 火入れの割に仄かなガス感から柑橘系を思わせる酸味。やや苦味のある余韻とアルコール感でキレのいい後味。結構好き。

 原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
 アルコール度数:16度
 精米歩合:50%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です