AGEO 純米吟醸 SNOW 2022 無濾過生原酒 限定醸造品

 埼玉県上尾市にある北西酒造 株式会社のお酒。明治27年(1894年)創業の酒蔵で代表銘柄は「文楽」「AGEO」「彩來(さら)」。
 
 「純米吟醸」とは、原料が米、米麹、水のみで、精米歩合が60%以下、「吟醸造り」によって醸造されたお酒。


 「吟醸造り」とは国税庁のHPには「吟醸造りとは、吟味して醸造することをいい、伝統的に、よりよく精米した白米を低温でゆっくり発酵させ、かすの割合を高くして、特有な芳香(吟香)を有するように醸造することをいいます。吟醸酒は、吟醸造り専用の優良酵母、原料米の処理、発酵の管理からびん詰・出荷に至るまでの高度に完成された吟醸造り技術の開発普及により商品化が可能となったものです。」とのこと。


 「無濾過生原酒」とは「無濾過」な「生酒」な「原酒」で、「無濾過」とは日本酒を搾った後に「濾過」をしていないもので、「濾過」をすることでお酒の色を透明にしたり不純物を取り除いたりする工程を行わないお酒。「生酒」は火入れを一度も行わないお酒。「原酒」は加水などを行わないお酒。


 日本酒応援団 株式会社が作る日本酒ブランド「KINMI Sake」の「AGEO」シリーズで他に「NOTO」「NAGAOKA」「KAMOGATA」「KUNISAKI」の全5蔵のシリーズがある。テロワール日本酒を追及しているとのことで地名がシリーズ名となっている。


 原料米である「彩のかがやき」は酒造好適米ではなく飯米で、埼玉県農林総合研究センターで平成4年に「祭り晴」を母、「彩の夢」を父とした交配を行い平成14年に誕生した品種。


 にごり酒なのでクリーミーなパイナップルを想わせる華やかさと仄かな甘味。苦味の余韻であっさりとした後味。


 原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
 アルコール度数:16度
 精米歩合:60%
 原料米:埼玉県産彩のかがやき100%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。