作 槐山一滴水 純米大吟醸

 三重県鈴鹿市の清水清三郎商店 株式会社のお酒。今年初めて飲む酒蔵さんだけれど「Z」「新酒2019」に続いて3本目。

 「槐山一滴水」は「かいざんいってきすい」と読み、古来より尊貴の木と言われた「槐(えんじゅ)」のごとく気高く上品な味わいと心地よい余韻を持ち、「一滴水」は、山川草木すべての存在はお互いが時節因縁のもと世界や森羅万象を具現し、したがって一滴の水にも仏の命が宿るという教え。気高い理想のお酒を追い求めることは、帰結として毎日の行いの積み重ねであるとの思いを込めたとのこと。(裏ラベルより)

 精米歩合40%ということもあり澄んだ口当たりから仄かなパイン感。程よい苦味で淡麗な後味。綺麗なお酒。

 原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
 アルコール度数:16度
 精米歩合:40%
 原料米:山田錦全量使用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です