山本 熊本産 神力 協会9号酵母

 秋田県山本郡八峰町の株市会社 山本酒造店のお酒。秋田県の酒蔵ですが熊本城復旧支援の為に熊本県阿蘇市の内田農場が栽培した酒造好適米である神力を熊本で分離された協会9号酵母で純米大吟醸酒を仕込んで、昨年は購入者、酒販店、卸、山本酒造店から売り上げの一部約120万円を寄付したとのこと。今年はコロナウィルスの影響から寄付分をなくして小売価格を下げての販売。

 「神力」は明治10年に兵庫県の農家が自分の水田で発見した特に穂の重い稲3本の穂を種として改良した品種で、収穫量も高く酒造好適米としても高井評価を受けていたが、昭和の初めになると姿を消した幻の米となってしまったものを平成6年に熊本県農業研究センターが復活をさせたということで熊本に縁のある酒造好適米。

 「きょうかい9号酵母」は1953年頃に野白氏によって熊本県酒造研究所の醪から分離された熊本酵母。カプロン酸エチル高生産株の登場までは全国新酒鑑評会の出品酒に最も多く使われていたとのこと。

 仄かな酸味から厚みのある複雑な甘味。淡麗な後味で飲みやすい。開栓直後より2日目、3日目になるほうが全体的に穏やかな調和となって風味が増す感じ。

 原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
 アルコール度数:15度
 精米歩合:50%
 原料米:神力100%


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です