勝山 純米吟醸 献 おりがらみ

 宮城県仙台市の勝山酒造 株式会社のお酒。日本酒を飲み始めたころに本で見かけて憧れていたボトルを念願の購入。

 瓶に刻まれているのは家紋である「五三の桐」をデフォルメした模様。2019年のIWC(インターナショナルワインチャレンジ)2019SAKE部門で432社1,500銘柄の中から日本酒部門の最高賞「チャンピオン・サケ」を受賞した銘柄のおりがらみ。

 口に含んだ瞬間から酸味と甘味が一気にひろがり、穏やかな発泡感と苦味がやってくる。後味はすっきりとしているが華やかな香りが残る。低アルかと思うくらいするすると飲めてしまうので日本酒が苦手な人にもお勧めしたい。おりがらみの白濁感からか第一印象はカルピスのような印象を受けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です